【初心者必見】トレード手法の勝率を上げるローソク足の考え方 ※ローソク足確定の重要性

1時間足のラインをブレイクしてきたから、5分足を見てエントリー!
でも損切りに引っかかった・・・。

という経験は無いでしょうか?
今回はそういった方にとても勉強になる動画です。

要約

ローソク足が確定する前にエントリーすることはリスクが高い。

例えば1時間足でラインを引いて、5分足を見てエントリーする手法があったとする。

その中で、1時間足のラインを1時間足のローソク足が上にブレイクしてきた。
でもまだ足は確定していないけど、5分足を見ても良い感じなのでエントリーした!

というのは正しくない。
ラインを引いた時間足でローソク足が確定してブレイクが確認出来たところでエントリーを考えるべきである。

大きな時間足を見て、小さな時間足のパズルのピースを当てはめるので、まずは大きな時間足ありき。

特にラインブレイクを見る場合は、ラインを引いた時間足のローソク足が終値でしっかりとブレイクしたか否かが分かるまで(確定するまで)待つべき。

たったこれだけでトレードの精度が上がる。

ローソク足が確定するのを待ってエントリーする事でダマシに合いにくくなり、無駄なところでエントリーしなくなる。

コメント一覧
  1. tackmemo より:

    こんにちは。tackmemoです。「1時間足のラインを上にブレイクしてきた。足は確定していないけど、5分足を見ても良い感じなのでエントリーした」このパターン、よくやってしまいます。ポジポジ病もあるんだと思いますが、早くエントリーしたくなってしまいます。気持ちで動いてしまってはだめですね

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事