人気のスパンモデルを雲と遅行線のクロスで検証してみたら、衝撃の○○!?

今回はスパンモデルと雲のクロスで検証した結果です。

要約

スパンモデルは遅行スパンと雲が表示されるもの。
ただし、スパンモデルは一目均衡表と異なる点が2つある。

1.基準線や転換線がない
2.雲がプロットされる位置が違う

一目均衡表の雲は未来に表示されるが、スパンモデルは現在の値に雲が表示される。

検証ルール

遅行線がスパンモデルの雲のなから下抜けたらショート。
雲の中から上抜けたらロング。

結果は途中で破産。
このやり方は正しいスパンモデルの使い方ではないかも知れない。

だから、スパンモデル自体が使えないという解釈ではない。
スパンモデルをこのやり方でトレードすると負けるということ。

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事