ロスカットやマージンコールを発生させないため、または利益を確定させるためにストップ注文とリミット注文が存在しています。

まず、ストップ注文とは、損失を大きくさせないための注文方法でFXで大損を避ける注文方法です。確実に利益を得られると思って売買するものですが、時には思った方向には動かないこともあります。そうしたときにストップ注文で損失を最小限に抑えるのです。

次にリミット注文とは次ションを持っている相場が利益の出る方向に相場が変動した場合に、利益を確定させるための注文方法です。為替相場を常に監視し続けられない人も中にはいるかと思います。そうしたときにリミット注文をしておけば確実に利益を得られる金額で注文できるのです。

最後に逆指値注文とは思った方向に相場が変動しなかった場合のレートで注文することができます。通常の指値注文では、自分の想像していた金額で売買することができますが、逆方向に動いてしまった場合には対処する手段がありません。ロスカットとなる前に決済したい場合は逆指値注文で損失を最小限に抑えるのです。

これらはFXで大損しないために覚えておきたい注文方法です。こうした注文方法もぜひ利用するようにしましょう。

FD注文・OCO注文・IFO注文

FX取引には様々な注文方法があります。注文方法の種類はFX業者によって異なりますが、出来るだけ便利な注文が出来る業者を選ぶと取引もスムーズに行えます。

まず、IFD注文という注文方法があります。IFD注文とは、2つの注文を同時に出して、最初の注文が成立した時点したらもう一方の注文もよ予約される注文方法です。この注文方法は指値注文後に後者の指値注文が発生する注文方法で、確実に利益を確定する場合や損失を抑える場合に有効でうs。

次にOCO注文ですが、2つの注文を同時に出して注文が成立すると、こちらはもう1方の注文を自動的にキャンセルする注文方法です。利益を確定する注文と損失を抑える注文のどちらかを成立させられますので、為替相場を張り付いて見続けられない人にとってオススメの注文方法です。

最後にIFO注文は、このIFD注文とOCO注文の両方の性質を併せ持つ注文方法です。これらの注文方法を使うことで、必要以上にレートを見続ける状況から開放されます。しかし、為替相場の動向次第でこの注文方法がデメリットになることはありますので、出来るだけ相場の動きからは目を離さないようにしましょう。