外貨を買えば、自動的に金利を受け取れる

FXの特徴として常に金利を受け取れるということがあります。つまり高金利の通貨を買うだけで、毎日その金利を受け取れるのです。

もちろん、1日に換算すると微々たるものですが、面倒な外貨預金等を行うことなく金利を受け取れるので、初心者のかたにとって非常に分かりやすい仕組みなのが好評です。

FXはレバレッジがありますので、少ない証拠金のみで取引が可能ですので、投資金額に対する金利の割合は非常に高いものとなっています。

為替変動のリスクにさえ気をつけておけば、証拠金が少なくともレバレッジで大きな金利効果を期待することができます。

毎日金利を受け取れる理由として、FX特有のスワップ金利というものがあります。スワップ金利は正確には金利ではなく、金利差のことを言います。金利は通貨によって異なりますが、買った通貨の方が金利が大きければ金利差がスワップ金利として受け取れるようになっているのです。

逆に言えば、スワップ金利は手数料やコストになりうる可能性もあります。それは高金利の通貨を売って、低金利の通貨を購入することで発生します。スワップ金利で得をすることもありますが、逆に損をすることもありますので、覚えておきましょう。

レバレッジのリスク

証拠金が少なくても、大きな金額を取引できる制度をレバレッジといいますが、このレバレッジを高くすれば高くするほど、リスクも増します。

FXにとってレバレッジは大きなリターンを期待できる魅力的な制度でもありますが、反対に大きなリスクともなりえますので注意して取り扱わなければいけません。

FXで大損する人のほとんどはレバレッジを最大限まで引き上げて利用している人がほとんどです。

為替レートの動きは操作できませんが、レバレッジは自分で操作できます。レバレッジのリスクをきちんと把握することで最大限どれくらいの損失の可能性があるのかをまず把握します。それに対して、自分が許容出来る損失を考えてレバレッジと証拠金を決める必要があります。

FXではレバレッジを非常に高くまで上げられる証券会社もありますが、普通の人なら10倍程度を限度に抑えるようにしましょう。特にFXを始めたばかりの人はレバレッジをあまり利用しないことをオススメします。