【JFX小林社長のFX講座2】スキャルピングの極意!!FXで勝ちたい人は絶対にみるべし!!

JINさんとJFXの小林社長の対談第2弾です。
今回はボリンジャーバンドを使ったトレード手法の解説です。

前回の動画も併せてご覧ください。

要約

①21期間のボリバン±3σまで到達した場合には利食い

ここまで来ると持っているポジションはまず利食おう

②MAが下向きで、反落してもMAに上値を止められるときは売り場

これはグランビルの法則の2番に該当する。

③下向きのMAに上昇を止められて直近安値を割って下げたら売り

短期的には安心して売れる。
その代わり、どこまで下げるかは分からないから、揉み合いが続いたら手仕舞う

④上向くMAに支えられているときは買い場

⑤直近の高値を超えて上がるときは買いサイン

⑥角度を付けて21移動平均線を5移動平均線がクロスする時

しっかりとMA5がMA21を勢いよく上抜ける必要がある。
また、MA21が横ばいの時はダマシに合うこともあるので要注意

スキャルピングの基本と極意

スキャルピングを何時間も持つものではない。
利が乗ったからデイトレに時間足を変えない。

スキャルの時間足はスキャルのままで終わるべき。

一度上手く行かなかったらとりあえず切って、もう一度同じ方向に行くのであれば再度ポジションを取れば良い。

ダメだと思った時には損切らなくてはいけない。
どんな場合でも負けるトレードはある。

だからこそ固執しないですっぱりと切って逃げることが凄く大事。

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事