【驚愕】なぜFXは10人に1人しか成功できないのか?

FXで上手く行く人は1割程度しかいないと言われています。
では、なぜ9割が負けているのか?

その理由を解説しています。

要約

FXで上手く行くのは全体の1割と言われている。
その理由は大きく二つある。

1.諦めるのが早い

何事でもそうだが、FXにおいて成し遂げたい熱意が必要。

すぐに諦めてしまったら、勝てないのも当然。

2.練習の仕方を間違っているか、練習量がたりない

練習か足りてるかどうかの指標としては、練習をやっていない人ほど練習をやったと思っている。

おそらく、自分の中で練習量に対するハードルが低いのであろう。

自分自身、検証やっている。
もっと上を目指すべきなら、もっと検証すべき。

練習の仕方については自分自身が間違っているかどうかの判断はなかなか難しい。
それを分かるために手っ取り早い対策としては、YouTube動画をみるのがいい。

それでも難しいのであれば、師匠に教えてもらうのが良い。

そかしいずれにしても自己分析は必要になるので、いくら支障を付けても何が向いているのか分からなければ意味が無い。

何があっているかは自分でトレードやって、その過程の中で気づいていくもの。
そういったことは記録を取って自己分析するしかない。

自分に合っている手法を見つけたら最低1ヶ月はやってみて確認する必要がある。
その過程で出てきた不安点等で発想の転換が出てくる。
だから、必ず記録は付けるべき。

こういったことを繰り返すと、いつか自分にフィットしたものが見つかる。
諦めずにやり続けるしかない

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事