FX投資のおすすめ本6冊!読めば間違いなく実力が身につく本を厳選

元メガバンク為替ディーラーさんが実際に読んで、現在も定期的に読み返している本6冊のご紹介です。

要約

FXの本は本当に多い。
本屋に行くと「副業で○億円稼いだ方法」「最強の手法」と書かれている本はやめておいた方が良い。

FXは海外の投資家が書いた本の方がオススメ

1冊目:一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

FXを始める人が一番最初に読むべき本。

FX入門書の決定版。
内容はFXの仕組みから専門用語、基本的なテクニカル分析とファンダメンタルズ分析等が学べる。

2冊目:先物市場のテクニカル分析

非常に勉強になるテクニカル分析解説書。
テクニカル分析の決定版と言って良い。

金融機関でもディーリングルームでほとんどの人が読んでいた。

内容はダウ理論、トレンドライン、チャートパターン、移動平均線、オシレーター等が体系的に網羅されている。

3冊目:高勝率トレード学のススメ

一通りのテクニカルを学んだ後に読むと効果的。
実践的なテクニカル分析の方法が学べる。

より高勝率なポイントだけを狙ってトレードできるようになる。分厚いがその分だけ勉強になる。

4冊目:為替相場の分析手法

ファンダメンタルズ分析用の本。
シティバンクの発行する本格的な本。

為替相場の決定理論である、購買力平価説、金利平価説、各中銀の金融政策の目的など為替相場の本質を学ぶことができる。

短期トレーダーであっても、この内容を知っているか知っていないかで優位性が違ってくる。だが、内容は高度。

5冊目:デイトレード

トレードにおける心構えや投資哲学を学ぶ本。

テクニカルの内容は書かれていないが、定期的に読み返すべき本。
トレード経験を積めば積むほど、この本で新たな気付きが得られる。

6冊目:ゾーン

ゾーンとは、「恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、ただその瞬間に「するだけ」の境地」

投資のための心理を学べる本だが、読みにくい。

本を読んで勉強するポイント

1回読んで吸収するのは無理なので何度も繰り返して読む。

分からないところは飛ばす。経験や知識を積んで、後に読んだときに分かる事もある。

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事