大損をするトレーダーが必ずやっている事

メンタリストSaiさんの動画です。
大損するトレーダーが必ずやっていることについて分かりやすく説明した動画になっています。

要約

大損失を出すトレーダーが必ずやっていることは、「失ったお金を取り戻したい」といったエゴを持ったトレードをしていることにある。

単体での負けは大したことは無い。
だが、負けを取り戻したいという考えが負けを呼ぶ

直前の損をすぐに取り戻そうとしている精神状態では真に損切りができている状態とは言えない。

 

大損は得てして通常の取引ではあまり起きにくい。
連敗分を取り戻そうというマイナス感情が最後の最後で賭け的なトレードをして、それが大損の原因になる。

躍起になって利益を追い求めても、資産が増えるとは限らない。

大事なのは収支ではなく、正しいトレードを続けること。
あまり損益にとらわれずにトレードする事が大事。

 

損切りした後は、継続していつもと同じリスクでトレードをしていかなくてはいけない。負けた分を取り戻すためにリスクを上げてトレードするのは危険。

一度資金を減らしてしまうと、資金を増やすどころか、その損失分を取り戻すこと自体も難しくなる。資金が減れば減るほど、資金は増えにくくなる。だからこそ資金管理は大切。

損切りの意味合いは単に損失を拡大させないために行うだけではなく、効率益な資産管理のための損切り、自分のメンタルを保つために損切りを徹底する必要がある。

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事