スナイプトレード×○○で勝率8割を超える最強手法が誕生!

スナイプトレードの解説動画です。

スナイプとは、「狙撃」という意味でピンポイントで勝てるところでエントリーするやり方になります。解説ではエントリー例が少ないですが、参考になるかと思います。

 ただし、手法としてはかなり曖昧なので勝率8割という数字を真に受けないほうが良いかなと思います。

概要

今回解説するスナイプトレードは、ほぼ環境認識で結果が変わる。

環境認識の二つのポイント
・トレンド判断
・サポレジ判断

トレンド判断はダウ理論と移動平均線で行い、サポレジ判断は過去の高値安値を基準とした水平線と移動平均線で行う。

押し目を作っているときに水平線と移動平均線が当たっているときに反発が起こりやすい。

そこで環境認識の時間足から2つ落としてみる。
例えば4時間足であれば30分足に落としてエントリーのタイミングをはかる。

エントリーのタイミング

エントリーのタイミングは以下の通り

・重要な高値安値をブレイクしたところ
・移動平均線を終値でブレイクが確定した段階
・ボリバンの1σを終値で超えたのを確認した段階

ピンバーなど特定の足が出ると勝ちやすい。

チャート解説

チャートはユーロカナダの日足。
ダウントレンドが続いており、矢印のところがトレードポイントになる。

チャートは4時間足のユーロカナダ。
日足と同じくダウントレンドが続いており、ピンバーのようなヒゲの目立つところでエントリー。

上ヒゲの目立つ足が出た後は下げやすく、下ヒゲの目立つ足が出た後は上げやすい傾向にある。

 

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事